2013年06月13日

腸内環境

最近よく見聞きする”酵素”

ジュースをはじめ、様々な形で販売されているけど、
要するに腸内環境を整える事を目的としている健康補助食品。。

人間の場合
免疫細胞の8割が腸内にあると、TVで聞いた事がある。

犬サプリのメルマガでは ↓

腸内環境が悪いまま放置してしまうと、悪玉菌が増加して、腸内環境の
バランスを崩し毒素が発生。結果さらにニオイがきつくなります。
ニオイだけならまだよいのですが、その毒素が内臓に障害を与え、
免疫力が低下して、さまざまな病気を引き起こす原因となります。

書いてあった。。

エルの場合もリンパ腫発症を機に6歳から万田酵素を取り入れた。

パピー期から季節の変わり目には排泄不良やら食欲不振を起こしていたが、
万田酵素を取り入れてからと言うもの、
排便に関するトラブルは激減したことの現実には驚きさえした。

4年生存の一助になった事に疑いはない。

他の3匹にも毎日食事で与える事で、先天的な病気、事故以外は、
病気知らずで助かっている。

【最近サプリの勉強を始めたエルママから】
サプリ成分は科学的に合成した安価なものと、
天然原料から抽出する製法があるが、

科学的に分析しても成分自体何ら変わりはないが、
マウスへの投与実験では天然成分の方が効果が高いという事実は多くある。

サプリの値段の違いもその製法によるものが大きい。
可能な限り、天然成分にこだわったサプリを利用したいと思う^^
万田酵素「キャドック」も安心して定期購入しています。

皆さんの大事な家族の健康を祈っています。
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エルのサプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

復活のエルママ

エルが旅立って4ヶ月がすぎました。

その節は沢山のお悔やみをいただきまして
本当にありがとうございました。

皆様のワンちゃんはお元気ですか?
ご無沙汰でした

久しぶりに訪れたブログ、、、、
やはり読み返すと、思い出して胸がつまってしまいます^^;

でも、沢山のお友達から励ましを頂戴して、
このまま終わる事はできないと思い立ちました。

また少しずつでも、我が家のチワワライフや、
エルの頑張りなどマイペースに書き足していこうと思います。

ブログタイトルはエル君に感謝を込めてこのままにしておきます。




ニックネーム すぎちゃんファミリー at 17:16| Comment(4) | TrackBack(0) | パパとママの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

ありがとうございます。

皆様 たくさんのお悔やみのコメントありがとうございます。
エルがいなくなって。。。。
心と頭にポッカリ穴があいて、何も考えられません

少し落ち着くまで、ママは更新をお休みさせてください。
ごめんなさい


ニックネーム すぎちゃんファミリー at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | パパとママの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

風をうけて虹の橋へ

2012年12月10日 午前11時 エル君永眠(10歳11ヶ月)リンパ腫宣告から4年

kazenoeru.jpg

【ママのお気に入り写真】
エルは風が大好き。意識のないエルを抱っこして、ベランダへ
爽やかな風をエル君に感じてもらいたくて、、、、

そして、風の匂いを感じたエルは私の腕から首を持ち上げ最期の呼吸をした。
私達の願い通り、安らかだった・・・
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 11:36| Comment(10) | TrackBack(0) | リンパ腫について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

苦悩

セカンドオピニオン(腫瘍専門医)の診断はリンパ腫の脳転移による発作が判明した。

脳圧を下げる薬を投与すると、脳が安定し、常に鳴き続けることはなくなった。
しかし、ごはんや水の催促、オシッコ、ウンチ、移動など、体が動かないエルは鳴き声で催促する。昼も夜も就寝時でも、、、

ママの安眠のためにと、エル用睡眠薬を投与すると完全に2時間寝てくれる薬をもらうも、2時間後にはエルの容赦ない要求が始まる・・・「オシッコ!」
結局深夜3回、、対応した。まるで、深夜の授乳のよう・・・私のQOLは?

脳圧の薬は1日に2〜3回与えなければ、脳の発作(常に鳴き続ける)ははじまるらしい・・・安眠と投薬。。。
苦悩してます(>_<)
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 12:40| Comment(1) | TrackBack(0) | パパとママの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

覚悟決めるも・・・

自宅点滴を始めて、5日後朝から調子よくおやつもご飯もいつもの半量は食べてくれた。
しかし、その夜急変、10時に もだえ始め、2時間近く足をバタつかせ泣き叫び続けた。呼吸と叫びが重なり合った訴えるような泣き方で、
もう無理なのか・・・?しかし、意識はハッきりしていて、心臓が停止する気配はなく、私達はこの状況を少しでも楽にさせたくて、夜間救急病院へ急いだ。

私達夫婦は、緩和治療、もしくは安楽死と決めて出向くも、
この病院では緩和治療しか受けてくれない。
よって、
まずは鎮痛剤の注射後、帰宅。
しかし、苦痛は収まらず泣き叫ぶエル。。。
再度病院へ行き鎮静剤を打った。
かなり落ち着いた様子で帰宅したのが、深夜3時半だった。

ところが、3時間後の今朝6時半にはまたも息が荒く苦しそうな様子で、
早朝の対応が可能な、セカンドオピニオンの病院へ。。。
しかし、この医師も安楽死をすぐに行うことに難色、
なぜなら、エルの意識、心肺の状態は死に直結する状態ではないから。
「安楽死レベルではあるが、最善を尽くしたい、安楽死は明日でもできる。」

そして、まずは安静にする為に睡眠薬で眠らせることにし、
目が覚めた時の状態を判断したいと。。。。

数時間後の見解は、エルは痛がっているのではなく、脳神経系の異常で動けない、そして、泣き叫び続けるのは脳の発作である。

それなら、鎮痛剤が効かないのも納得できるし、睡眠薬で眠らせると安静で呼吸も安定する。


 脳神経異常が、呼吸を荒くし、泣き叫ぶ状態を作っていたのだと思った。

パパはダメもとで、セカンドオピニオン提案の脳圧を下げる処置を一度受け入れ、
明日を待つことにした。
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エル治療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

食べられなくなりました。。。

3日程前(金曜)から食べられなくなりました。
食べると腹痛から声を上げてもだえます10分ほどで収まるも、
その後、食欲、元気が無く。
土曜日に点滴に数種のビタミン、抗生剤などを入れてもらう。

多分こうして衰弱していくのだろう・・・
医師にたずねた。
「点滴だけで、どれくらい生きるものですか?」
「個体差ですが、1週間の場合もあるし、3ヶ月の場合もある」と

もう、治療も通院もエルのストレスになる事はしたくないので、
自宅で点滴をすることにした。
あとは、痛み止めの座薬をもらう。

日曜、寝たきり状態でオシッコをしない。
夜病院に電話すると
「尿が出ない場合、尿毒症で24時間〜48時間以内に亡くなります。」との事
覚悟を決めた。

すると、夜の10時に大量のオシッコ、「ホッ」としたのも束の間
声を上げてもだえだす。。。
“痛いよ〜〜〜〜と訴える目”
もう楽にしてあげたい・・・

病院で“最期の注射”で眠らせることを考えた。
が。。。
15分ほどで痛みが落ち着いたので、
痛み止めの座薬を多めに挿入して安定する。

そして今日、月曜。
朝、大量のオシッコ
後足はリンパの腫れか、力も入らない状況にも関わらず、
自力でトイレに向かうエル。
「エルはすごいね〜〜〜!えらいね〜〜〜」って褒めると、
少し自慢気に目を細めて喜んでいる。

ほんのひとかけらパンを口にした。

点滴で、少しシャキッとするも、お腹の違和感から伏せる座るの繰り返し。
辛いのではないか、、、と疑問になる

安楽死も視野にエルが楽に方法を模索中

読者の皆様
あたたかい応援のコメントありがとうございます。
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 18:10| Comment(4) | TrackBack(0) | エル治療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

覚悟を決めた

今朝は少しだけど、力なくご飯を食べプリンも食べた。
でも、夜は食事を避ける。 フラフラと歩き、横たわる場所をかえて、
他の子を避け、10歩くのが精一杯な様子。

体重は減りながらも、脾臓の腫れでパンパン状態のお腹、、、顔(汗)
もう、治療はしないと決め、緩和ケアにシフトするも、
痛みの度合いもわからず、病院に連れて行くべきなのか?
痛み止めの処方をするべきか・・・(悩)

明日、パパに託す。

ママは最後を予期しながら、ただただエルの傍で見守る週末を過ごす
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | パパとママの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
多種のワンちゃんの闘病記がご覧になれます ↓ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村