2010年12月07日

白内障

我が家御用達のフードショップから来たメールの紹介です。今回は「白内障

白内障とは目の水晶体が白く濁る病気で、悪化するとどんどん視力が落ちて
いきます。視力障害が進むにつれ、何かにぶるかる危険性が高まります。

白内障になる原因は、目の中のたんぱく質が変化して正常に機能しなくなる
ことによりおこります。この症状は加齢によるものが大半ですが、糖尿病に
より発症する場合もあります。

治療は、薬物療法が中心でとなります。点眼薬をつかって病状の進行を抑え
ます。犬はもともと視覚だけに頼って生活していないので、初期の段階なら
それほど支障はありません。ただ、重症になると濁った水晶体を摘出して、
透明なものに交換するといった人間同様の手術も行われる場合もあります。

では、白内障にならないために、日頃どのような事に気をつけておけば
よいでしょうか。それは、日頃から必要な栄養素をしっかりとることが大切。
昔の老人が白内障に皆かかっていたといわれているのは、摂取すべき栄養素が
不足していたからだと思います。

特に目に良いといわれているものとして、まずビタミンCがあげられます。
これは、目が体の中で最もビタミンCが多い部分なので、軽度の白内障なら、
ビタミンCを多く投与すれば改善が見込めるのです。
一方で犬は、体内でビタミンCを合成できるので摂取しなくてもいいという
説がありますが、体内の活性酸素を除去するには、毎日の食事に積極的に
取り入れるべきだと思います。

また人間同様、ペットもブルーベリーなどのベリー系のものも、
目の改善に大変良いフードといわれています。

目の健康に効果のある活性水素のサプリメントや水を利用するのもよいかと
思いますが、サプリメント類はかなり高価なものが大半ですので、日頃の
良質なフードによるケアで工夫されることがやはりお勧めです。
---------------------------------------------
お友達犬にも加齢に伴う白内障のワンちゃんが増えています。
エルにはまだ、これと言った変化はありませんが、、、、
多分、抗酸化サプリなどのお陰と言えます。

最近は病院の専用サプリもかなり効果があるとも聞きます。
日常生活でも抗酸化サプリや病院のサプリなどの活用も有効と思います。
ご参考まで・・・
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

2010年 大晦日

今日は2010年の大晦日。
久々のエルパパによる日記です。
おかげさまで、エルも元気に年を越せそうです。犬(笑)手(チョキ)

今年5月、悪性リンパ腫が再発。顔(汗)
予期はしていたとはいえ、不安が先行する中、2度目のUW25プロトコル。注射
エルは勿論、エルママ顔(メロメロ)の頑張りもあって、何とか再度寛解までこぎつけました。
N大学病院のスタッフの皆さんにも感謝です。アリガト
そして、このブログを通して知り合い、色々と情報交換させていただいた皆さん、励ましのお便りをいただいた皆さんにも、「ありがとう!」の言葉とともに、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。アリガト

2008年の12月に発症。
正直、ここまで頑張れるとは、半信半疑でした。顔(汗)
でも、今、エルが毎日1時間以上、元気に散歩をしているのは、夢ではなくまぎれもない事実。犬(怒)わーい(嬉しい顔)決定
そのエルの生命力、生きたいという気持ち、これを僕たち家族もしつかり受け止めて、2011年もそして10歳を迎える2012年も、その次の年も、頑張って行かなくては。右斜め上右斜め上

明日は、まず、2011年の初日の陽光を浴びながらのお散歩。犬(足)犬(笑)
元旦の陽をたっぷり浴びて、恐らく今年訪れるであろう、再々発と戦うためにパワ-をもらい、エネルギ-を蓄えるとしよう。晴れ

エルの苦手な寒い冬はまだしばらく続きます。
一緒に頑張ろう。exclamation
そして、ピィ、アイ、ユウのエルファミリィ-、みんな頑張ろう。exclamation×2

皆さんもよいお年をお迎え下さい。

2010年大晦日にたたずむエル君犬(笑)犬(笑)

101231_095128.jpg

ニックネーム すぎちゃんファミリー at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エル治療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
多種のワンちゃんの闘病記がご覧になれます ↓ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村