2011年08月03日

尿路結石について

我が家御用達のフードショップから来たメルマガを転記します
ご参考まで

本日は、尿結石についてお話したいと思います。
「うちのペットは尿結石になっていないから関係ない」ということは
絶対ありません。尿結石は、栄養バランスが悪かったり、飲水量の不足、肥満、
運動不足等により、現在ペットの生活習慣病になりつつある病気です。

すでに尿結石にかかっているペットの飼い主様だけでになく、すべての方に
ご覧頂ければと思います。


尿結石とは、膀胱の中で作られた石のことを言いますね。この結石が作られて
しまうと、オシッコをするときに結石が膀胱から尿道にも流れ出て、様々な
排尿障害を引き起こしてしまいます。一言に結石といってもその種類は様々で、
尿結石全体の多くを占めるのは「ストラバイト結石」と呼ばれているものです。
尿を顕微鏡で覗くと“ストラバイト”と呼ばれる結晶が見られます。

考えられる症状は、「オシッコがあまり出ていない感じがする」「オシッコの
時間が長い」「どことなく元気がない」「水を飲む量が増えてきた」「血尿」
などです。これらの症状がひどくなると、オシッコとして出すべき老廃物や
毒物が体の中に再吸収されるため、主に腎不全等の病気を発症します。

尿石症になってしまった場合、大きな結石であれば手術をして取り出しますが、
小さな結石や結晶であれば、それらを溶かすフードを中心に食べさせることで
治療をします。

ストラバイト対策は、1に運動、2に肉食(野菜と果物は厳禁)です。

ニックネーム すぎちゃんファミリー at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

交通事故に(ママを許して)

5日夕方6時40分ごろ
散歩中のユウ君を交通事故に遭わせてしまいました。

交通量の多い幹線道路で。
ユウ君とエル君の2頭の散歩中の事です。

散歩中に他の犬を見ると猪突猛進するユウの性格が災いして、
車道を挟んだ向こう側のコーギーに向けて猛ダッシュ。
滑りやすいリードは私の手から離れ…
車道を横切ったのです…
手前車線は信号停車の車の列、
その間を反対車線に飛び出し、直進の車にはねられました。

その瞬間、もうダメだ…
鈍い音と共にユウのけたたましい悲鳴と悲痛の叫びが…辺りに響き
そこからはあまり憶えていません…
絶叫するユウを抱きかかえ帰宅、そして病院へ
ユウは放心状態で反応も薄く…

一番近くて設備の整っている病院へ直行。
すぐに、酸素マスクをされ、点滴や痛み止め・ステロイドが打たれたのでしょう
診察台の上に横たわり呼吸も荒い状態でした。

エコーで内臓を確認・レントゲンで骨盤骨折を確認、
1時間後の夜8時
「これ以上のことはココでは出来ません、2次病院へ向かってください」
そして夜間救急動物病院へ
運転中の車の振動にも悲鳴をあげ、もだえるユウ、横たわるユウ・・・

私は左手で助手席のユウの身体を支え、声をかけ、なだめながらの運転だった(私がしっかりしなければ…と運転も慎重になる)

パパは週末の飲み会を中座し、タクシーで救急病院に乗りつけ到着していた。
そっと車から降ろし、連絡を受けていた病院側もすぐに診察を開始してくれた。
骨折は2の次、
内臓の損傷、内出血、貧血等を確認、命をつなげられるか。。
ICUに入院させ帰宅

ごめんなさいユウ君。。。あなたの性格をわかっているのに
しっかりとリードを持っていなかった。。。
手からすり抜けていく命綱。。。


お願い戻ってきて・・・
神様…ユウ君を生かしてください。全て私が悪いのです。罰は私に与えてください。
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 08:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

お願い戻ってきて…

事故から一夜明け…
朝の面会に行く、ユウは横たわり動くことは出来ず。自身も後ろ半身が動かなくなっていることを自覚しているのか、そして、身体を動かすと痛むせいなのか。。
顔を上げることもしない。時々か細く泣く声は痛みによるもの。

幸い内臓の損傷は少なく尿も便も出ている。
あとは食欲が戻り、整形外科の手術に絶えられる身体まで戻すことを目標にしていると説明を受けた。

整形の専門医と面会、骨盤複雑骨折と説明があり、
周りの組織や血管、神経にどれほどのダメージがあるかは未知
幸い内臓の損傷は少なく体力さえ戻れば
9日に整形手術の予定と説明も受けた。

事故から24時間(夕方)2度目の面会
どうも、皮下で出血があるようで、貧血が進行している、、、
止血の為に、後ろ半身を包帯で巻いて圧迫、身体を固定されている。
このままでは衰弱していくので輸血を依頼。

うれしい知らせとしては、昼ごろにフードをほんの少し食べてくれたらしい。

そして、面会の私達を目で追う姿。頭は上げないまでも。
力強い目で私達を追ってくれる。

キューンキューンと甘えと痛みで泣いていた。
なでてあげると、少し落ち着くユウ君

内科的にまだ予断は許さない。。。
私はユウの前でゴメンネと泣くことしかできない。

どのような償いができると言うの…

ニックネーム すぎちゃんファミリー at 09:16| Comment(25) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

お願い戻ってきて…2

事故から4日集中治療室での監視の下、
命を繋ぐことはできました。

ICUから一般部屋に移され、淋しい様子で
甘えてクンクン泣いている
痛み止め薬が減量された為か、反応がよく、
顔つきもいい。いつものユウの表情に近づいたと感じた
ママが顔を近づけるとKISSしてくれた(ありがとうユウ)
私の事をちゃんと憶えていてくれてる。。。
こんなに酷いママなのに・・・ゴメンね・・・

そして、頭を持ち上げる姿も見れた。
御飯もしっかり食べているよう。

しかし、明日行われる整形外科の手術の説明を受けるも。
依然、貧血は改善されておらず。
輸血をしながらの手術になるだろう。
骨盤複雑骨折は難易度も高いと、、、

当然麻酔による急変の可能性、
また目に見えない内臓のダメージにより
心停止の可能性もあるため、予断は許さない。

ママ曰く「ユウにとって最善の方法でお願いします。」

命さえあれば、どんな障害が残ろうとも受け入れられます。
生きていて・・・
愛くるしい、あどけないユウは我が家の家族だし宝なのだから。
お願いだから必ず戻ってきて・・・ユウ
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 14:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

お願い戻ってきて…3

昨日手術は無事に終了することが出来ました。
まずはブログを通じ応援し励ましてくださった読者の皆々様に心より感謝申し上げますm(__)m
皆様の祈りが神様に通じました。ありがとうございました ○┓

昨日夕方4時頃から手術は始まり、
私は家でじっとしていられず、
いつも遊んでいる、ユウのお気に入りのドッグランに出かけ。
馴染みの犬友達にユウの事故を伝え。
一緒に祈っていただきました。

走り仲間のサブちゃんのパパはあまりのショックに涙してくださり。
犬仲間の皆さんも「ユウ君は元気だから大丈夫!」と口々に励まして下さいました。
そして、同じ経験(リードが手から離れる)は誰にでもある…と私の過ちを擁護してくださり… 

励ましと勇気をいただきました。人の心の温かさに心より感謝と感動をいただきました。 m(__)m  アリガトウ ○┓

「元気になったら、また遊ぼうね」って…

夜8時、麻酔から醒めたユウと面会できた。
痛みからキューンキューンと泣いている。
私が声をかけ顔をなでると泣きやんでくれた。
でも、やっぱり痛いようですぐに泣き出す;;

獣医師の説明によると、手術は成功。
シッポの付け根付近の炎症がすごく、
切れたシッポの根元から切断、、
複雑に折れた骨盤は元の位置に戻され、器具で固定

そのことで炎症を起こし腫れ上がっていた箇所も
あっという間に腫れが引いた。。

たぶん、シッポからお尻にかけて、タイヤに踏まれたのではないかと推測される。
後は、術後の回復に2日ほど注意が必要との説明があり
食欲が戻ってくれることを願う

4キロ弱の小さなユウの身体を傷つけ、惨いことをしてしまって、
改めて自己嫌悪に陥るも。
回復に向け戦っているユウの姿に勇気づけられる;;

「ごめんねユウ。ありがとうユウ。もう少し頑張ってね。戻って来てね」
かわいいシッポが身代わりになってくれたのだと思うしかなかった。

あとどれ位かわからないが、入院は続く、しかし24時間体制の夜間病院
万全の体制で見守ってくれるはず。
獣医師の皆さんヨロシクお願いいたします○┓

切り落とされたシッポの毛を少しいただき。帰路へ
留守番の3匹にユウのシッポの匂いを嗅がせると、
少し興奮した。。。

「もうすぐユウ君は戻ってくるからね〜^^」

灼熱の太陽の力をユウの生きる力に換えて…
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 09:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

お願い戻ってきて…4

事故から8日目、手術後3日目の昨日。
獣医師から、生命の危機は脱したであろうと説明を受けた。
私は安堵で胸を撫で下ろし、ユウの生命力に感謝した。

しかし、事故による神経の麻痺は残るとの説明も。
無理も無い、4Kgに満たない身体を車に踏まれて
普通で居られるわけが無い、命があるだけでも奇跡だし感謝している。
ヤンチャなあどけないユウが傍にいてくれるだけで
私は幸せ…

「ゆう君!」と呼びかけると、頭を持ち上げ、
顔を近づけるとペロペロと私やパパを歓迎してくれる。
頭や体を撫でて褒めて上げると、
私の腕枕でウトウト、安心している様子^^

看護士さんの話によると
まだ後ろ足を動かすことはできないまでも、
時々、前足を立てて、体勢を変えたり、
後づさりするまで体力は出てきた。
しかし、貧血は改善されていないので、
すぐに疲れるらしい。

そして、獣医から、
「体力が回復する来週中頃に退院し、自宅療養にしましょう」と
ユウが家に戻ってくるわーい(嬉しい顔)
そして、私を必要としてくれる。
たくさんハグして上げられる。
そして他の家族犬と生活すれば、
刺激を受け必ず元気になってくれるはず。

たくさん御飯食べて元気になろうね…ユウ!
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 08:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

お願い戻ってきて…5

昨日、手術から6日目…

夜の面会ではお座り状態でパパ・ママを迎えてくれた^^…
「ゆう君お座りできたのね〜〜凄いぞ〜〜」
事故後初めて見るお座りだった。

手術の成功でココまで回復してくれた…
この日から医師による1日3回のリハビリが行われていると聞いた。
そして説明によると、右足には力が入るが、左足の反応はないらしい(>_<)

それでも前足を器用につかって、移動する所も見せてくれた。
ユウは自身の身体との付き合い方がわかってきている様子。
まだ後ろ足で立つことが出来るか否か未知だけど。
日に日に回復している。
退院したらママと一緒に頑張ろうね…ユウ

ニックネーム すぎちゃんファミリー at 09:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

戻ってきてくれて、ありがとう。

昨晩、とりあえず退院できました。
沢山の応援に心より感謝いたします。m(__)m

病院から出たユウは戸惑う元気もなく、キョトンとしていて、
自宅の自分のサークルに戻っても少し戸惑いながら、
勝手の違う自分の身体を少し緊張させ、
家族犬の動向を気にしながら、近寄る家族犬に「ウぅー」と虚勢を張り。
怪我の自分に近寄らせない態度でした。
他の3匹はいつもと違うユウを恐れています。

怪我の様子は
損傷の激しかった切断されたシッポ付近の
皮膚が壊死しているようで、縫合傷が開き再生できない状態になっている。
これからも1日2度の通院で皮膚洗浄は欠かせない。
処置をする医師の話によると、、、
シッポ近くの脊髄にもかなりダメージがあるようで、
神経が通っていない可能性があるとの事。。。(涙)

でも、大丈夫!当然覚悟はしている! オムツも車椅子もあるじゃない!
ユウが元気で傍に居てくれるだけで、ママは幸せだから。
これから、モリモリ元気になるよ・・・ユウ
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

傍にいてくれて ありがとう

退院から2日

自分のハウスに戻ったユウですが、、、元気がありません。
体力がたくさんの傷と戦っているのでしょう(>_<)
身体を横にしたまま目だけキョトンと、そして、ウトウトと寝ている状態です。

でも、明け方は身体を座らせ、
ウンチとおしっこのお知らせは以前のようにしてくれました。
今までのサークルでの日常を少し思い出したようです。

しかし、既にウンチまみれのお尻でした。。。
ユウの肛門とおしっこの排泄機能は、ほとんど失われています。

これからどこまで回復できるのか…
でも、私の眠る傍らでスヤスヤ眠るユウは確かに生きています。
そして、私を頼っています。

私はあなたのウンチの処理も笑顔で安らかに、そして嬉しく思っているのよ^^
仔犬の頃のユウを思い出しながら。。。
あの頃のように、ゆっくり元気になればいいからね。。。ユウ
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 16:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

ママは笑顔でいるからね^^

退院から10日になりました。

ユウは日毎に元気を取り戻してくれている。ありがとう
あの忌まわしい事故から3週間、
現場近くを通ると、あの時の記憶が身体を緊張させる;;
そして、良くぞ命が助かったと神に感謝するのみ。

自責の念は心の奥底に封じ込め、笑顔でユウと接することにしている。
3日ほど前から「お散歩」の言葉に反応して、サークルから飛び出てきたり
「キューン・キューン」と“行きたいよ〜〜”の感情表現もあり。
それだけユウの気力も充実してきたんだと、、、、
日毎に元気を取り戻していくユウの回復に目を細めて楽しく介護できるようになった^^

オシッコの介助も獣医に教わって、少しずつ慣れてきた^^
オムツデビューもした^^;
毎日の通院だって、ユウと私の気分転換と考え気楽行ける。

自分の罪は棚にあげて、今はユウの回復が楽しみになっている。

過去は変えられないけど、未来は変えられると信じ、
今はユウ君や他のチワ達の為に元気に明るく過ごそうと思う。

お友達の「がんばれ〜」の言葉に支えられて・・・ 
ありがとう <(_ _)>
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 14:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 交通事故のこと(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
多種のワンちゃんの闘病記がご覧になれます ↓ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村