2009年01月16日

犬の悪性リンパ腫

エルママの日記は一休み。
ここで、私エルパパが、犬の悪性リンパ腫について少し書いてみたいと思う。

そもそも人間の悪性リンパ腫治療方法は抗がん剤による化学療法や免疫療法など、ここ何年かだけでも相当に進歩している。
犬の悪性リンパ腫についても、それなりに進歩しているのだろうけど、人間の治療法に比べると、少し進歩の速度が遅いような印象を持ってしまう。〜これは愛犬が悪性リンパ腫に罹患してしまった飼主の願望でもあるけれど。
犬の悪性リンパ腫治療方法は現在で多剤併用の抗がん剤治療が標準治療となっている。
CHOP療法やエル君が行っているUW-25などが比較的効果の高い治療法となっていると思われる。
ただし、犬の場合、寛解はしても、ほぼ間違いなく再発し、再発の場合予後は悪くなってしまう。また、T細胞による悪性リンパ腫の場合、最初の抗がん剤治療の効果もB細胞の場合に比べて悪いようである。
つまり、治療により、ある一定期間、癌に罹患する前の元気な姿に戻り、まるで癌と言う病気を忘れてしまう位の状態に回復するのであるが、その後に待っている再発、そして抗がん剤治療の効果が低くなるという事実を待たなくてはいけないのである。
私も獣医師ではない立場でこのような偉そうな見解を述べているが、悪性リンパ腫について書籍や色々なHP、ブログを相当数調べた結果、飼主にとっての完治という願望を満たす治療方法は現在は見当たらないというのが悲しい現実である。
でも、ほんのわずかな可能性でも良い。
なんとか完治させたい。それがだめでも、寛解の期間を少しでも延ばしたい。これが多くの飼主の願望であり、戦いでもある。

抗がん剤治療に替えて、免疫療法を。という選択肢も確かに出できているようである。但し高価であること。また、あまりその治療実績が公開されていない(私が知らないだけであるかもしれないが)。
そして、抗がん剤治療と併行して、サプリメントの摂取を。というのが、多くの飼主が取る行動ではないか。
実際、あるネコの悪性リンパ腫の闘病記で、サプリメントの摂取の効果なのか科学的には不明ではあるが、かなりの寛解期間を過ごしている記録に接した。実際、私、エルパパも藁をもつかむ思いで、この方のサプリメント処方例を参考にさせていただき、つい先日、5種類ものサプリメントを購入したばかりである。勿論、まだ、その効果は判明していないけど、信じて、希望を持ち、続けて行きたいと思っている。

そこで、愛犬が悪性リンパ腫に罹患した飼い主さんで、もし、このプログを見た方がいらっしゃれば、是非、情報交換させていただき、一緒に悪性リンパ腫と戦い、愛犬に少しでも長く楽しいドッグライフを送らせてあげたいと思っています。
何でも構いません。
よろしくお願いします。
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 23:25| Comment(3) | TrackBack(0) | リンパ腫について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは.ベルママです.初めてコメント書かせてもらいます.我が家のベル君(ミニチュアダックスフンド 7歳 オス)が先日悪性リンパ腫と診断されました.病気の徴候がなかったため,家族は皆驚き,ただただ泣いてばかりいました.犬の悪性リンパ腫とはどんな病気か,ベルに何かしてあげられることはないかとネットを見ていると,このブログを見つけました.エル君への愛情がとても感じられ,また様々な情報を掲載されているので大変勉強になっています.少し心が落ち着きました.まだベル君は化学療法が始まっておらず,おそらく来週辺りから始めると思います.まだまだわからないことが多く,これからベル君のためにいろいろ勉強していこうと思います.またブログ拝見させて下さい.
今後のエル君,ベル君の健康を祈ってお互い頑張りましょう.
Posted by ベルママ at 2010年03月14日 22:25
ベルママ様へ
はじめまして!

癌宣告の際のショック!・・・お察しします顔(泣)
しかし、
ベル君はまだ7歳です、体力的には抗がん剤に耐えられる年齢ですし、
また、病気の兆候もわからないほど元気との事、

早期発見ができ良かったと思われてはいかがでしょう。

治療をすれば、我が家のように寛解する望みがありますから、、、、

たぶん治療期間中のベル君とご家族のストレスは予想以上に大きいと思いますが。

治療中の異変や不安は何でも獣医に相談し、解決してください。

我が家では抗癌剤投与後の犬の様子を毎日メモしていました。、
緊急の場合も電話で対応してもらうなど、
不安は溜めないにしていました。

寛解した、ワンちゃん達もたくさんいますので、
希望を持って、治療に望んでください。

今後もこのブログで何かお役に立てれば幸いです。
お互いがんばりましょう!
Posted by エルママ at 2010年03月15日 09:23
こんばんは、先日家族でかっているチワワのチイタンが癌と言われました。
3ヶ月前ほどから前足の指の間に腫れがあり、病院につれていけっていっていたんですけど、のかなか行けず、この前やっといってきました。
獣医さんに見せたところ即答で足を切断といわれ何の病気なのか聞くと、悪性リンパ腫、とのこと体を調べると肩と首の間にも転移がみられ、切断しても意味がないので抗がん剤治療を、おすすめしますとのことでした。
比較的抗がん剤がきく癌らしく、私たちも抗がん剤治療をやろうという決断になりました。ただチイタンは11さいで高齢です。抗がん剤の強さに耐えられるかどうか、はじめてのことで心細いです。自分は今二十歳で、11年間も一緒にいるともう家族の一員ちチイタンがいなくなることなんて考えられません。。。
家族が1つになってチイタンの癌と向き合って闘おうと思います、わからないことがあったらこのブログを頼りにしてもいいですか??
まとまりがなくてすいません。
Posted by 栃木のチワワ at 2013年02月07日 01:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1630907
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
多種のワンちゃんの闘病記がご覧になれます ↓ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村