2011年09月28日

エルもまだまだ!

エルのリンパ腫は再々発後の3度目の抗がん剤(Lアスパラキナーゼの週一投与)治療で
確認も難しいくらい小さくなり、順調です!
やはり投与した夜には嘔吐があるため、制吐剤の飲み薬を与えますが^^;
それ以外は日常通りと言えます。

頑張ってるよ〜〜〜^^
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 09:31| Comment(1) | TrackBack(0) | エル治療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、犬の悪性リンパ腫の抗がん治療を探していて、おじゃましました。

うちのジェリー(コーギーの女の子2歳10ヶ月)がこの2011年11月3日に悪性リンパ腫と診断され、今日1回目の抗がん治療を受けに1泊入院しました。あごの下と両脇のグリグリに気づいて病院に行ったのですが、実は体中のリンパ節が腫れていました。

3日に検査して5日に確定されるまでのあいだに1日4粒のプレドニン集中投与で、グリグリのほとんどが消えたのです。T型かB型かの検査、エコーその他の検査とともに今日おこなわれるでしょう。

抗がん治療しても1年、みたいな情報ばかりの中、エル君ががんばってくれていてうれしいです。フードのこともとても参考になります。これからも勉強させてくださいね。
Posted by ジェリコ(みゃんこ) at 2011年11月06日 14:59
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2863082
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
多種のワンちゃんの闘病記がご覧になれます ↓ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村