2012年12月08日

苦悩

セカンドオピニオン(腫瘍専門医)の診断はリンパ腫の脳転移による発作が判明した。

脳圧を下げる薬を投与すると、脳が安定し、常に鳴き続けることはなくなった。
しかし、ごはんや水の催促、オシッコ、ウンチ、移動など、体が動かないエルは鳴き声で催促する。昼も夜も就寝時でも、、、

ママの安眠のためにと、エル用睡眠薬を投与すると完全に2時間寝てくれる薬をもらうも、2時間後にはエルの容赦ない要求が始まる・・・「オシッコ!」
結局深夜3回、、対応した。まるで、深夜の授乳のよう・・・私のQOLは?

脳圧の薬は1日に2〜3回与えなければ、脳の発作(常に鳴き続ける)ははじまるらしい・・・安眠と投薬。。。
苦悩してます(>_<)
ニックネーム すぎちゃんファミリー at 12:40| Comment(1) | TrackBack(0) | パパとママの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

ご家族のエルくんへの愛情がとても伝わってきます・・・
大切な大事な家族と今、大変な状況にあるんですね。
エルくんのこれから、そしてパパさん、ママさんの苦悩・・・どう励ましていいのかことばが見つからなくてすみません・・・。

わが家の愛犬は「悪性リンパ腫消化器型」でした。
そして、2010年3月26日の「愛犬ため・・」という記事。
あの本、私も持っていて・・・
愛犬はその1ヶ月後に旅立ってしまいました。
その後に検索したキーワードで見つけた2010年6月18日の「YAHOO知恵袋」で偶然にもエルくんのお写真がありました。
あの時のパパさんと今の私の検索したいことが同じだったのかなと思いました。

そして、愛犬は先日最初の月命日を迎えました。何だかコメントせずにいられずこうして書き込みさせていただきました。

これからのエルくんに一番いい方法でと祈っています。
そしてご自愛くださいね^^
Posted by yumi at 2012年12月08日 23:54
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3354163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
多種のワンちゃんの闘病記がご覧になれます ↓ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村